2015年11月02日

資産運用の第一歩は「貯蓄」から!

こんにちは、あべ☆ひろです。

貯蓄する「習慣」を身につけよう!

資産運用の第一歩は「貯蓄の習慣」を身につけることです。
基本は毎月の積立です。
月々の給料などの収入から一定額を貯めるという習慣を作ることが
資産運用の基本です。
余った分だけを貯金するというのは、もう終わりにしましょう。

基本は毎月の天引き積立!

今までの預貯金が何となく余ったお金を貯めているというのであれば、
それを積立に改めましょう。
残ったお金を貯蓄するのではなく、最初に目標とする貯蓄を行うというものです。
やはり人間は自分に甘いですから、
仕組みとして貯蓄できる環境を作ることがとても大切です。

〈代表的な天引き系積立金融商品〉
・積立預金(積立貯金)
銀行における積立商品で非常に一般的。多くの銀行で手続きできます。
元本割れのリスクがないので安定運用として積立のベースとしたい金融商品です。
・投信積立(投資信託)
投資信託を毎月積立していくタイプです。証券会社で手続きをします。
会社によって異なりますが月々1000円程度から可能になっています。
ドルコスト平均法による運用が可能です。
・るいとう(株式累積投資)
株式を毎月一定額購入していくという方法です。
投信積立と同様に証券会社で手続きをします。個別株式への投資となります。

このように、様々な積立・天引き系の投資商品がありますが、
初めての積立としては預金をベースに考えていくことをオススメします💡

目標を考えてモチベーションを維持する!

また、貯蓄に関してもモチベーションを保つことがとても大切です。
例えば、目標額を決めておく
「一定以上の金額を積立できたらご褒美に○○を買う」
ということなどを決めておくといいですね。

基本的に節約や貯蓄というものは楽しくないものですが、
その中から少しでも楽しみを見つけ出して上手に貯金していきましょう。

投資の「収益性」「安定性」「流動性」に注意!

投資商品・金融商品には「収益性」「安定性(安全性)」「流動性」
という3つの性質があります。
この全てを満たす金融商品は存在しませんので、
投資商品を購入する際は
この3つの性質を尺度の一つとして考えて分析することが大切です💡

〈収益性〉
収益性というのはリターンの大きさを示しています。
例えば普通預金よりは定期預金の方が金利は高いので
後者の方が収益性が高いということになります。
金利以外にも値上がり益なども同じく収益性に分類されます、
基本的に
収益性は「安定性(安全性)」や「流動性」と相反する傾向があります。
つまり、高い収益性を求める場合、一般的には
「安定性(安全性)」や「流動性」を犠牲にしなければならないのです。

〈安定性(安全性)〉
元本の安定性などがこの安定性になります。
また、万が一の場合の保護体制などもこちらに含まれます。
例えば、定期預金は元本保証であり、さらに銀行が倒産した場合も
預金保険によって預金は保護されるので安定性は極めて高いと言えるでしょう。

〈流動性〉
流動性というのは「売りやすさ・換金しやすさ」を指します。
例えば普通預金は直ぐに解約して現金化できるので流動性が高い金融商品。
逆に不動産は売りたいと思ってもすぐに売ることができないので
流動性が低い金融商品ということになります。
これが低い商品は「流動性リスク」が高いと言われます。

以上から、改めて肝に銘じておきたいのは…

全てを満たす完ぺきな金融商品は存在しない!

基本的には
「収益性」と「安定性・流動性」は相反する傾向があります。
収益性が高い金融商品というのは安定性もしくは流動性、
あるいはその両方が犠牲になっているということになります💡
つまり、
高いリターンを求める場合は
安定性か流動性のいずれかを犠牲にする必要があるというわけですね。

chokin-image.jpg


posted by あべ☆ひろ at 21:00| 金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人生の三大支出と+1に備えて!

こんにちは、あべ☆ひろです。

前回、ライフプランの必要性について説明しましたが、
では実際にどのくらいの費用がかかるのかを見ていきたいと思います。

細かく挙げればキリがありませんので、
特に大きな割合を占める「住宅」「教育」「老後」、そして「保険料」
に絞って考えますね。

人生の三大支出の大きさは?

〈住宅費用〉
住宅の平均購入価格は建売で3321万円、分譲マンションで3840万円
とされています(平成23年度フラット35利用者調査報告より)。
この多くは「住宅ローン」などの形で支払う必要があります。
また、購入後もメンテナンス等の費用が必要になってきます。

〈教育費用〉
文部科学省の「子どもの学習調査」等の資料によると
子ども一人当たりの教育資金はおよそ1000万円
(高校までは公立、大学は私立と仮定)かかるとされています。

〈老後の生活費〉
夫婦二人の老後費用としてゆとりある老後生活費として月額37万円程度
は欲しいと言われています。
仮に老後を20年とするならば8880万円が必要になる計算です。
最低限の生活でも月額22万円、同20年なら5280万円となります。

このように人生において、特に大きな支出に限っても
それぞれ莫大なお金が必要になってきます。
これらのお金を一度に用意するというのはとても大変です。
基本的には積立等によって少しずつ貯めていくというのが基本ですね💡

個別に補足を加えておきますが…

住宅購入資金
最近では、持家派ではなく、一生賃貸といった方も増えてはいるようですが、
それでも持家に対する願望がある人が多数派と言えます。
住宅は人生における最も高額な買い物の一つであり、
購入資金は頭金、住宅ローンなどを組んだ上で計画的な返済を考える必要があります。

教育資金(教育費用)
子どもの教育にかかる費用というものは
「子供が大きくなるに従って大きくなる」のが一般的です。
特に高校生から大学生にかけての時期がピークとなります。
両親の年齢によってはそのピーク時期に退職(リタイア)しているケースもあるため、
教育資金については前もって計画的に貯めておくことが大切です。

老後費用
老後費用というものは大きいものです。
公的年金制度などはありますが、
現実は多くの世帯において支出が収入を上回る状況となっています。
そのため、老後においては
一定以上の貯蓄を蓄えておかなければ困窮する事態は避けられないようです。
収入がある時点からリタイアメントプランを考えておくことがとても大切です。

+で考えておきたい「保険料」
日本は世界でも有数の保険大国です。
多くの人が生命保険等の保険に加入しています。
保険は様々なリスクを軽減するための金融商品です。
かと言って、過剰な保証は無駄な保険料を生み出します。
リスクに備え過ぎて保険貧乏にならないように注意しましょう💦

fig_sec01.jpg
posted by あべ☆ひろ at 17:31| 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人生設計と必要な資金について!

こんにちは、あべ☆ひろです。

一般的に人は、学校を卒業し、就職し、結婚し、子どもが誕生し、
教育を受けさせ、マイホームを購入し、子どもが独立し、退職し、
老後を楽しみ、死を迎える、という一生を送ります。
限られた収入の中で夢を実現するために必要なことは、
ライフプランを作って必要な費用を把握することと、
家計の収支を把握して資金計画を立てて十分な資産を確保することです。

ライフプランは人生の羅針盤!

長い人生を充実したものにするには、
生涯に渡って自分や家族の生活設計が必要です。
それがライフプランで、我が家の羅針盤ということになります。

将来の夢や予定、目標などについて家族で話し合い、明確にし、
共有することから始めます。
ライフプランを実現するためにはお金の裏づけが不可欠ですが、
事前に必要な時期や金額が把握できるので、
情報を収集して効果的な資金計画をたてて着実に準備することができます。

ライフプランを立てる時、「お金」の他に2つの重要なポイントがあります。
「健康」と「生きがい」です。
「健康」でなければ夢を実現することは難しく、
「生きがい」がなければ充実した日々とは言えません。
「お金」「健康」「いきがい」は互いに関連しているので、
3つのバランスをとることが重要です。

人生には様々なライフプランがあり、それぞれで様々な資金が必要になります。
例えば、結婚する際の結婚資金、子供の就学資金、マイホームの購入資金、
趣味の資金もあるでしょう。
それぞれの時期で必要なお金も金銭的な余裕・状況も異なります。
マネープランニングの第1歩は必要な資金の計画を立てることです。

人生設計表(ライフプラン)を作ってみよう!

人生における今後の予定を具体的にイメージすることで、
将来必要になる資金対策を早目に立てることができます。

「子育て」「マイホーム」「老後」といった大きな課題もあります。
また、独立起業をしたい、
世界中を旅行したいというような個別の考え方もあるでしょう。

どのようなライフプランにせよ、
それには裏付けとなる「お金」が必要になります。
そのために考えておくのがマネーのライフプランです。

一人一人で人生の計画は違うものですが、
先ずは世代別のモデルケースを見て
それぞれの世代でどのようなお金が必要になるのか?を見ていきましょう。

独身時代・結婚期のライフプラン(資金計画)
将来のための自己投資や資金作りの時期といえるでしょう。
先ずは預貯金の習慣を身につけてしっかりとお金を貯められる体制を作ること。
また、この時期は株投資などで資金を増やそうというよりも
自己投資に励むというのも良いでしょう。
また、結婚すると、家族単位のライフプランを考えるスタートとなります。

子育て時期のライフプラン(資金計画)
子どもの養育や教育関係が中心となってきます。
これにより将来の進学なども見据えた
中長期の資金計画、家計管理の重要性が高まります。
また、マイホーム購入を考えている場合は
更に資金プランを練り上げていく必要があります。

子育て終了時期のライフプラン(資金計画)
一般的には家計負担が最も重くなる時期です。
教育費、住宅ローン返済などの家計負担が重くなるので、
対策をしっかり立てていないと、
家計が破綻するおそれもある時期です。
一方で来るべき老後に備えた資金計画もスタートさせる必要があります。

子ども独立後のライフプラン(資金計画)
子どもが独立することで家計負担が大幅に軽減されます。
まだ働いているのであれば収支が改善するので、
それを活用して老後資金に割り当てる必要があります。
退職後であれば健康・介護などについても
しっかりと自分の考えを持つ必要があります。
資産形成が十分なケースでは相続対策も考える必要があります。

ライフプラン.png
posted by あべ☆ひろ at 15:09| 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。