2015年11月13日

追撃バイナリー【本当に稼げるのか?】

こんにちは、あべ☆ひろです。

前回、追撃バイナリーに関する「検証レビュー」や
「口コミ・掲示板」から幾つかご紹介しました。

一応、廣瀬尚良氏のこれまでの商材については
この販売者の信用性を確認するという意味も含めて
過去の検証レビューなどを検索してみて下さい。
"これまでの実践者が勝てていない"ということが
よくお分かりいただけると思います。

本当に稼げるのか?

販売ページでは追撃バイナリーのシステムについて

「短期時間軸で起こる小さなトレンドの方向性と強さを捕捉し、
"点"ではなく"面"でエントリーエリアを見つけ出す事で
何倍ものエントリーを可能としました」
と説明されています。

追撃.png

上の画像の赤四角で囲まれた部分が"面"にあたる部分となっており
これが追撃バイナリーでのエントリーエリアということのようです。

また、
「トレンドの強さと方向性からエントリーのきっかけとなる
ポイントを見つけ出しシグナルを発生させる」
と謳っており、
サイン発生中のエントリーエリア内では
追撃エントリー(連続トレード)が可能となり
ここで利益を大きく伸ばしていくことができるとのことです。

"トレンドの強さと方向性からエントリーのきっかけとなるポイント"
というのが、
このシステムの優位性を判断する上でかなり重要な要素ですが
残念ながらこの部分に関する具体的な内容は公開されていません。

それで、本当にこのシステムがトレンドを明確に判断できるのか?
的確なエントリーを実現できるのか?

は一切不明です。

また、このシステムのサインに従ってトレードを行うことによって、
「モニター検証期間の平均勝率は80.1%を達成している」
と記載されています。

ここで気になるのは、モニター検証期間をどれだけ設けたのか?
という所です。
一応販売ページには、
10回分のトレード履歴が公開されていますが…。
追撃1.png

いずれにしても、
販売ページに記載されている情報を見る限りでは

追撃バイナリーで勝率80%を得られるのか?
システムの優位性がどれだけあるのか?

といった重要なポイントは"一切不明"であると言ってもいいようです。

今回は的中率が80%とのことで、
「絶対に勝てる!」
とは言っていないのでまだマシなのかも知れませんが
いずれにせよ、ツールだけで儲けようというのは
少し虫が良すぎるかもしれませんね。

バイナリーオプションそのものがギャンブルのようなものなので、
完全にツールに依存するのは危険な気がします。
やはり最終的には、自己責任で行うべきものです。

恐らく、追撃バイナリーが今売れている一番の理由は
"先行販売特別価格"による煽りが原因と思われます。
販売ページ内にも記載されていますが、
追撃バイナリーの正規の販売価格は79,800円となっている
ようです。
でも、今の間のみ先行販売価格として規定数までは
34,800円で販売しているということで"お得感"を出していますが
レビューの中には、34,800円でも高すぎるとの意見もあります。
それに、規定数というのもはっきりと提示されていませんから
この辺の基準も曖昧になっているという感じがします。
ちなみに、規定数に達し次第、
予告無く先行販売は終了すると謳っていますので、
元々の販売価格が34,800円なのだろうと考えて良いでしょう。
決してお得な買い物ではありません。

これまでにお話したように、
廣瀬尚良氏の世間での評判、これまで販売してきたシステムの評判
から考えて判断して頂ければと思います。

繰り返しますが、
ギャンブル性要素の強いバイナリーオプションに
必勝法はありません。
しかもツール依存で勝てるなんてまかり間違ってもあり得ません。
その危険性を理解した上で
興味があるなら挑戦してもいいかもしれませんね。


basketball-779456_640.jpg


posted by あべ☆ひろ at 11:20| 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。