2015年09月23日

FXの証拠金とは?


担保として預け入れるのが証拠金

FXを行うには、取引業者に口座を開設する必要がありますが、
その際に一定のお金を担保として預け入れます。
この担保金が「証拠金」「保証金」と呼ばれるものです。

1枚=1万ドルを売り買いするのに必要な証拠金は4万円(最大レバレッジ25倍)というのが一般的です目

証拠金は、通貨ペアによっても変わってきます。
豪ドルは1万豪ドル当たり3万円程度に設定している事業者が多く、
また、英ポンドは1万ポンド当たり5万円程度に設定されている場合が多いようです。
また、同じ通貨ペアでも、その時々の相場状況によっては、証拠金の額が変わる場合があります。

証拠金は、日本円だけでなく、米ドルやユーロ、英ポンドや豪ドルなどの外貨でも構いません。
外貨の場合、基準となる為替レートでの円換算が行われます。
このように外貨を証拠金で利用できるFX会社の口座はマルチカレンシー口座といいます。

もともと「証拠金」は、商品先物取引で使われる用語で、
担保として預け入れたお金の範囲内で取引できるという仕組みですひらめき


証拠金は、取引代金とは別に取り扱われる

取引額全てのお金をやりとりするのではなく、
取引で生じた損益分のみのお金をやりとりします。
これを差金決済と言います。

実際に預ける証拠金は、取引額の1/10〜1/20の金額(担保)で売買できるので、
かなり資金効率が良いことになりますわーい(嬉しい顔)

また後で詳しく説明しますが、
FXは取引会社に預けている証拠金の数倍〜数十倍の取引が可能です。
例えば、100万円の証拠金で10倍の取引が可能であれば、取引可能額が1,000万円になります。
このような取引を行うことをレバレッジを効かせると言います。


取引業者によって異なる必要証拠金

FX口座に担保金として差し入れた資金は「取引証拠金」として扱われますが、
実際の取引に必要な証拠金の金額は、1万通貨当たり○○万円というように、
取引する業者によって異なり、それぞれの業者が自由に決めています。
これが必要証拠金です。

トレードを開始して為替レートの変動により為替差益が出ると、
その利益分が取引証拠金に加えられ、
その逆に、為替差損が出ると、その損失分が取引証拠金から差し引かれます。
このときに保有している証拠金が有効証拠金となります。

有効証拠金 = 取引証拠金 ± 為替差損益

証拠金は、新規の口座開設と同時に必要な会社もあれば、
実際に取引を開始するときに必要となる会社もあります。

口座開設時に必要となるケースでは、最低証拠金と呼んでおり、
これが無料の会社もあります。

実際に取引する場合には、
先ずは自己資金で余裕を持って出せる金額であるかどうかを十分検討しましょうひらめき


コイン.jpg


posted by あべ☆ひろ at 10:25| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。