2015年11月08日

信用取引のメリットとデメリットは?

こんにちは、あべ☆ひろです。

制度信用取引と一般信用取引の違い、メリットとデメリット
について説明しましたが、
今回はその辺を掘り下げて行きたいと思います。

手数料や期限、空売りなどの観点から

制度信用取引、一般信用取引、そして現物取引を比較しながら
どういったメリットデメリットがあるのかを説明しますね。

〈手数料〉

これは現物に比べ明らかに「信用取引」にメリットがあります。

どの証券会社でも、信用取引の手数料より
現物取引の手数料のほうが安いということはあり得ないので、
手数料の安さは必ず「信用取引≧現物取引」となります。

ちなみに制度信用も一般信用も手数料は一緒です。

〈期限〉

これは間違いなく「現物」が有利になります。

「期限」という面のみを見れば無期限の一般信用取引も一緒ですが、
高い金利を考慮すると全く比べものになりません。
期限6ヶ月の制度信用取引は言うまでもありませんね。

〈空売り〉

元々空売りできない現物取引は除外しますが、
制度信用取引と一般信用取引を比べて、
空売りできる銘柄の数であれば圧倒的に「制度信用」ですが、
一般信用取引は証券会社ごとに空売りできる銘柄が違うため、
制度信用取引では空売りできない銘柄も一般信用取引では可能…
という場合もあります。
でも普通に考えれば空売りは「制度信用取引」に分があります。

投資方法の観点から

〈ディトレードやスキャルピングなどの超短期売買〉

現物取引より手数料の安い「信用取引」が有利で、
より厳密に言うならば金利の安い「制度信用取引」が最適ですね。

これは信用取引の場合、
例え保有時間が数秒でも一日分の金利が掛かるため、
一日に何度も取引するなら金利の高い一般信用取引より
金利の安い「制度信用取引」の方が向いています。

〈スイングトレード〉

これは、数日保有することが多いので…微妙な感じですね。

取引金額と保有日数によって、
手数料が安いという信用取引のメリットを金利が打ち消してしまうので
現物と信用どちらが有利かの判断が難しいのです。
最近の傾向として、手数料自体が全体的に下がっているので
保有日数が2、3日を超えるのであれば「現物」の方が無難だと思います。

〈中長期〉

これは、迷うことなく「現物」一択ですね。

期限6ヶ月の制度信用では長期保有はできないし、無期限の一般信用で
長期保有だと金利や貸株料がスゴイことになってしまいます。
仮に空売りで「逆日歩」がかかってきたらもう最悪の事態になります。

中長期の保有であれば配当や株主優待なども絡んできます。
配当であれば
信用取引でも「配当落調整金」という形で配当相当の金額が受け取れますが、
株主優待は現物取引でしか受け取れず、
こういった面でも中長期の保有は現物が圧倒的に有利です。

どうしても資金以上の取引をしたいなら

但し、上記で投資法ごとにあった取引法を挙げましたが、
これらはあくまでも「投資金額を考慮せず無駄なお金を使わない」ことを
前提にしています。
「どうしても資金以上の取引をしたい」というのであれば
短期だろうが長期だろうが「信用取引」一択しかありません。

そして、この場合、「資金の約3倍の取引ができる」という
信用取引の特性をメリットと取るかデメリットと取るかは人それぞれですね。

「最大で3倍の取引ができる」ということなので、
ある程度自分でコントロールすれば特にデメリットになることはありませんが、
「使えるからつい取引限度額に近い所まで取引してしまう」
という若干意思の弱い人にはデメリットになり得る可能性はあります。

この「資金の3倍」は元々「ハイリスクハイリターン」の株式取引を
「超ハイリスク超ハイリターン」にするようなものなので、
腕のある投資家であればこれほどのメリットは無いでしょうが、
腕の無い投資家にとっては、
アッという間に資金が消えてしまう危険をはらんでいます💦

「追証の問題」もあるので
資金の3倍の取引ができるといっても、
できるだけ余裕を持って取引することをオススメします💡

最後に、「信用取引のメリット・デメリット」をまとめておきます。

・短期トレードなら手数料の安い「制度信用」
・中長期なら金利が高くつく「信用は×」
・空売りしたいなら「信用しかない」
・どうしても資金以上の取引がしたいのであれば「信用一択」

shisan1.gif


posted by あべ☆ひろ at 21:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。